読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白髪が増える前に覚えておきたいキャッシングポイント-重要な5つのコト

キャッシングについて大事なポイントを超凝縮し5つにして読みやすくなり一層理解を深めやすくなりました。

白髪ってなんでなるの?

白髪の原因


灰色の髪が「突然黒髪に変わった後に起こる」と多くの人が考えています。

 

実際、それは毛成長サイクルで起こる変化です。


私は、灰色の髪がどのようにして起こっているのか、どのような形の早すぎる灰色の髪が生じるのかを説明します。


白髪の発生原因


白髪は、老化の進行に伴って髪の毛が薄くなるなどの体毛が原因です。

 

しかし、昨日の前に黒い髪が突然純粋な白になることはまずありません。

 

髪の毛の成長サイクルにおいて、灰色の毛が発生している。

 

毛髪染色体を決定するメラニン

体毛などの髪の毛や髪の毛には、人種や継承によって特定の色があります。

 

メラニン色素がこの毛髪の色を決定します。

 

メラニン色素が紫外線から皮膚を防ぎ、同時に日焼けを引き起こすことはよく知られている。


メラニン色素には、黒色または褐色のメラニンeumelanin)と赤褐色または黄色のフェオメラニンpheomelanin)の2種類があります。

eumelaninとpheomelaninの機能は、黒髪や金髪のような毛の色を決定します。

 

逆に、これらの2つのメラニン色素が完全に失われた髪は灰色に変わります。

 

発毛周期との関連性

毛髪の発毛は、一定周期のサイクルによって行われる。この育毛サイクルでは灰色の髪が発生し、突然灰色の髪は一日中発生しません。


育毛のサイクルは、「成長期間」、「回帰期間」、「休息期間」に分けられ、成長期間中に成長し、回帰期間や育毛が始まるまで一時的に停止する休止期間で休止期に入った毛根は全体の約20%である。

 

灰色の髪は、この休息期にあった毛根が再び反応するときに毛根の状態に応じて生じる。

 

白髪になるわけは?

白髪のアイデンティティが "メラニン色素の影響を受けないで毛髪を整えた"場合、白髪はどうして起こりますか?

時期尚早の地域では、「遺伝的」または「ストレス」が原因である可能性があります。白髪が発生すると、ストレスの影響で毛髪にメラニン色素を供給する機能が停止し、すぐに弱くなる構成が受け継がれるなどの背景がある。


また、メラニン色素を製造するのに必要な栄養素が不足すると、白灰色になりやすい。時期尚早の髪を見つけたら、あなたの人生の内容を振り返ることが重要です。

 

白髪になる傾向のある体毛

灰色の髪に髪がつくことを考えている人はあまりいません。実際には、灰色の髪はすべての体毛の可能性があります。


体の髪は灰色になるための順序があり、最初に白髪を作るのは髪で、髪ではありません。灰色の毛髪は、髪の毛、髪、髪、最後に眉毛の順で発生することが知られている。

 

性別による白髪の差はありますか?

髪はホルモンの影響で男性と女性の違いが深刻な部分であると言えます。

灰色の髪でさえ、性差は明らかです。


灰色の髪の毛だけでなく、脱毛症になりやすい男性の場合、女性の場合、髪全体が灰色の髪になることはほとんどなく、多くの場合白と黒の混合状態を保ちす。

 

白髪とホルモンとの関係は明確ではありませんが、女性は毛髪に関連する女性ホルモンのように白髪になりにくいようです。

 

このように、加齢とともに白髪は増えてくることが多く、いくら予防しようと完全に抑えられる方法は発明されていません。

 

ただし、手軽に髪の色を戻す方法として白髪染めやヘアーカラースプレーなどがありますので、そちらを利用するのが無難と言えましょう。

 

髪を傷めず美髪になり、しかもしっかり染まる製品を探している場合は下記の記事をご覧ください。

 

美髪になりすぎると利用者からのうれしい悲鳴が続出している白髪染めの、髪萌ヘアカラー!今ならお得なカラーアップ、白髪染めトリートメントが送料無料で20%オフと超お得です。